どんな環境でも、「やりたいことをやる」意欲。

 

いまいる場所から

いつでもスタートできる。

 

 

 

f:id:takecchi67:20170629201611j:image

 

 

昨日、眼科に行きがてら

神社にお参りに行きました。

 

で、心がモヤモヤしていたのでおみくじを引くと、、、

 

 

f:id:takecchi67:20170629202235j:image

 

 

なるほどなあ…

 

 

 

 

薬局の待ち時間がなんと30分ということで

 

自分の足の向くままふらふらと歩き回ることにしました。

 

 

 

そしたら、何故か、

 

パチンコ屋へ…笑笑

 

 

 

 

 

わたしはパチンコしたことがないのですが、

小さい頃によく、両親に連れられてきていました。

 

 

大人になってからは

 

ギャンブルはいけないと刷り込まれてきたし

 

タバコの匂いもするし煩いし、とにかくパチンコ屋なんて入りたくもなかったのですが…

 

 

 

不思議ですね、

 

 

先入観もなかった小さい頃のわたしにとっては、

 

あのパチンコ屋さんはただの「遊び場」でした。

 

 

 

 

懐かしくて、懐かしくて、

 

親がパチンコしている間に走り回った階段や、

 

お母さんにお金をもらって買ったジュースの自動販売機、

 

座ってみたり登ってみたりした独特の木のベンチ、

 

知らないお姉さんと話した休憩所、

 

同じように連れられてきてた子どもたちと遊んだゲーセン…

 

 

 

全てが、懐かしい遊び場であり、

 

決して"ギャンブルするいけない場所"なんかじゃなかったんです。

 

 

f:id:takecchi67:20170629202904j:image

 

このエスカレーターの屋根に登る想像もしたっけなあ(笑)

 

 

 

 

いつの間に囚われていたのか

 

わたしは先入観でさまざまなものを縛り付けてきました。

 

 

 

 

 

 

だからって

 

明日からパチプロになりまーす!なんてしませんよ(笑)

 

ただ、思い出したんです。

 

 

わたしは教養の無い、

 

ギャンブルするような家で育てられた可哀想な子

 

ではなく

 

ちゃんと遊びに連れてってもらって、

 

愛してもらっていたんだということ。

 

 

場所なんか関係なく

 

連れてってもらって、構ってもらって、それをわたしも楽しんでいたんだ。

 

 

 

なんだ、と(笑)

 

なーんだ、と思ったんです(笑)

 

 

 

 

そして、何かをするのに、

お金がない学がないアレがない

 

そうやって言い訳をつけてただけで

 

本当はやりたいことはやって遊んでたじゃないか、と。

 

そう、思い出したんですね。

 

 

 

人の愛情の形ばかり羨んで

 

自分にもともとある愛情の形には目を向けられずに…

 

 

 

 

 

わたしは大馬鹿ものでしたね^ ^

 

そう思いたかった気持ちもわかるから、

わたしは、わたしを抱きしめようと思います。

 

自分に甘いです(笑)

 

 

 

 

それで、気付きました。

 

どんな環境にあろうと、

そこからしたいことをすればいい。

 

 

お金がないなら、お金がないなりのやり方でしたいことをすればいい。

 

お金が必要なら、今日から1割でも貯金すればいい。

 

学がないなら、今日から1冊でも本を読めばいい。

 

知らないことが多いなら、1時間でも勉強すればいい。

 

病気で動けないなら、休むことに専念しながらやりたいことをやればいい。

 

友だちがいないなら、今日から挨拶だけでも笑顔でするようにすればいい。

 

 

 

何かひとつ、

夢中でやっているうちに

振り返ったときに形になってる。

 

そういうもんじゃないかって思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

たけっ家公式LINE@

 

 

 

何かひとつ。

 

 

 

 

 

イイネ、シェア、引用、ご自由にお願いします。