どうしようもない現実を、憎たらしいまま愛そう。

さいなまれ続けた

 

劣等感や、
優越感というものたちに


やっと別れを告げることができた(と、思うw)。

 

 

 f:id:takecchi67:20170613210521j:image

 

 

そっから解放された瞬間

 

 

劣等感も優越感も消えて
上も下もなくなって

 

 

世の中にはわたしが大好きな人と、大嫌いな人と、興味ない人だけになった(笑)

 

 

 

 

 


なんで解放されたかというと、

 


たぶん内側が、じんわり満たされたからだとおもう。

 

 

なぜ「じんわり満たされた」なのかというと

 

 

時間をかけて、じわじわと溜まってきてた愛が、一定ラインに達した感覚に近いから( ´ ▽ ` ) 

 

 

 

 

 

 


このためにやってきたことは、啓発本読んだり、セミナーやら講演会行ったり、ノートに書き込みしたり、カウンセリング逆に受けたり、やりたいこと・やりたくないことにチャレンジしたり。

 

 

 

で、結局は「愛」に行き着いたw

 

 

これまでのことはモチロン無駄じゃなく、このプロセスも愛だった。

 

 

 

 

 

自分を愛する過程で、

 

たくさんの自分を見て

これまで認めてこなかった自分と出会い

涙したり、笑ったりと忙しかったけれど

 

それはものすごく

 

凝縮された、

自己愛だったと思う。

 

 

 

 

 

満たされるときっていうのは

自己愛だけじゃなくなったとき。

 

 

他者を愛せて初めて、

愛の行き場ができるんじゃないだろーか。

 

 

 

 

 

そのためには、

 

まず、自己愛を完結させること

 

必要なプロセスなのではないだろうか。

 

 

 

 

 

f:id:takecchi67:20170613211258j:image

 

 

これは昨日ノートの整理してたら出てきた、過去のわたしが書いたメモ。

 

なんのために3万6千円必要だったのかはもう忘れたのだけど、

 

このとき、

どれだけ必死だったのか

この文字から読み取れる( ´ ▽ ` )

 

 

 

目の前に押し寄せてくる現実にいっぱいいっぱいなのに、

 

さらにギリギリの現実を作り出して、

 

本当に向き合うための現実

 

からは目を逸らし続けた。

 

 

 

空想の世界、夢の世界、悪夢の世界。

 

これらに逃げ込んでいないと

とても耐えられないと思ってた

 

 

 

 

いまでも胃がキュッとなる、

 

このときのわたしはとにかく「頑張っていた」。

 

真逆の方向に。

 

 

 

 

f:id:takecchi67:20170613211948p:image

 

 

当時から一年ほど経ち、

先日、27になったけれど

 

わたしの現実はぶっちゃけるとそこまで変化していない(笑)

 

 

なのに、

 

心のあり方がちがうだけで

 

現実もまったく別物に見える。

 

 

 

 

 

 

 

どうしようもないくらい面倒くさく、憎たらしく、でも大好きな目の前の現実と

 

向き合うだけの覚悟ができる。

 

 

 

それだけのことが、

 

とても愛おしい。

 

 

 

 

 

 

人間なので

 

イラッとすることも

傷付くだけのことも

空気読まず笑っちゃうことも

 

大量にあるのだけど(笑)、

 

 

 

 

それすら愛おしいじゃないの、と。

 

 

 

 

f:id:takecchi67:20170613213209j:image

 

 

 

自分自身の

 

良いところ(ホワイト)

 

悪いところ(ブラック)

 

統合させたことで

 

 

 

理想と現実が

 

混ざり合ってすべてフラットになれたのかもね( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

f:id:takecchi67:20170613213434j:image

 

 

 

次なる夢は、

これかな?٩( ᐛ )و笑笑

 

 

 

 

こんどはぜーーーーんぶ

 

ブルドーザーみたいに巻き込んでいこう。

 

 

 

 

 

 

たけっ家公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/@zee6848n

 

この船に乗る?

それとも乗らない?

 

 

 

 

 

 

スター、シェア、お願いしますっ( ´ ▽ ` )!