気持ちを「感じる・浸る」効果。感情の行き場を考えよう。

こんばんは~

 

たけっちです^^

 

 

 

 

今日は

 

感情の行き場

 

のお話をします^^

 

 

 

f:id:takecchi67:20161206212110j:plain

 

 

 

最近ね

 

AさんとBさんのケンカを目撃する

ということがあったんですね~

 

巻き込まれ事故でw

 

仲裁にはいるというか

まあ挟まれるような形にはなって思ったんけど

 

 

 

 

怒り

 

って

 

その下に「恐怖」とか

「傷付いたかなしみ」とか

 

なんかしらの第一次感情があるはずなんだけど

 

ケンカするときって

大抵それを隠しちゃいますよね。

 

 

 

ほんとは、ただ寂しい、とか

なんか傷付いた、とか

かなしい気持ちがある、とか

 

根っこのところはそういう素直な感情なんだけど

 

それを感じて認めるのに抵抗すると

 

怒りや、虚しさとなって

勢いのまま相手にぶつけようとしてみちゃう。

 

 

それすらしないでガマンすると

そのうち何にもする気がなくなる・・・

 

 

 

って感じで

 

感情にも段階ってあります^^

 

 

 

f:id:takecchi67:20161206212428j:plain

 

 

わたしのオススメは

 

さいしょに感じた感情のまま

 

相手にぶつけてみたり、

 

どこかに吐き出してみたりすること。

 

 

つまり、

 

「さみしいよ!」

「かなしいよ!」

「傷付いた!」

「落ち込んでる!」

「どうして見てくれないの? こっち見てよー!」

 

って

 

子供みたいにそのまんまで感じるってことです。

 

 

 

 

それが怒りになって

勢いでぶつかるのもいいんだけど

 

そのときに

 

「前々からあなたのこういうとこが気になってたの。直してよ!」

 

なんて言いかたをしたら、、、

 

それは、ですよね?

 

 

 

例えば、

 

相手に浮気されたとして

 

「浮気は悪いことだし、世間的にもおかしい!!」

 

って責めるのって

じゃないですか?

 

 

ほんとは

 

裏切られたみたいで悲しい

さみしい

愛されてないのかな

悔しい

まだ好きなのに、、、

 

 

 

そういう想いがあるはずなんだけど

 

そこに蓋をして別の「真っ当な」方法で

 

相手を責めちゃったりする。

 

 

 

 

 

本音を感じるのって

じつは痛いときもあります。

 

でもね、

 

そこを感じていいし

思いきり吐き出していいし

泣いてもいいんですよね。

 

 

 

 

 

それって

 

かっこわるいでしょうか?

負けたみたいでしょうか?

 

 

 

それでもいいんじゃない?

 

 

 

大切なことは、

じぶんの気持ちをガマンしないこと。

 

 

 

 

誤解を恐れずに言うと

 

 

べつに相手なんかどうだっていいんです。

 

 

 

 

そのときに感じている気持ちを

 

自分のことを

 

いちばん大切にしてほしいんですね。

 

 

自分の気持ちに素直になるのって、気持ちいいし。

 

 

 

 

 

生まれた感情を無視して

 

蓋をしたりして

 

見えないように、気付かないように、、、

 

 

そんなことに慣れてしまうと

 

それが当たり前になっちゃう。

 

 

 

感情を放っといても

なくなったりはしません。

 

ずっとそこに鎮座したまま

そのうち悪臭を放ち始めます。

 

 

 

感情と向き合って

 

やっと、その感情は

 

行き場を見つけることができます。

 

 

 

 

心の整理のためにも

 

感情を無視するなんてやめましょう( ´ ▽ ` )

 

 

 

f:id:takecchi67:20161206212528j:plain

 

 

毎日を快適に過ごしたいもんね~^^♪

 

 

 

 

 

LINE@

http://line.me/ti/p/@zee6848n 

 

 

 facebook

https://www.facebook.com/takecchi67

 

twitter

https://twitter.com/takecchi67

 

 

 

広告を非表示にする