「ある」前提で願望実現。脳から考える仕組み♪

こんちゃー

 

たけっちです^^♪

 

 

「ある」っていう前提で考えるのと

 

「ない」っていう前提で考えるのと

 

ぜんっぜん違うんだぜってはなし( ̄▽ ̄)笑

 

 

f:id:takecchi67:20160922161111j:plain

 

 

 

いっつもなにかが足りなくて悩んでるひとは

 

考え方が「ない」前提です( ´ ▽ ` )

 

 

 

ざっくりいうと

 

 

人間の脳みそって、

 

すっごく高性能なコンピューター

 

なんですよね。

 

 

で、グーグルの検索窓

 

例えば「お金 ない」で打ち込むと

「ない」関連のことがずらーっと出てくるんです。

 

人間の脳もおんなじ。

 

 

 

ないばっかりで検索してるか

あるばっかりで検索してるか

 

それだけの違い

なんですね( ´ ▽ ` )

 

 

 

で、

 

わたしは何を、

検索に打ち込んでるかというと

 

 

「豊かさ ある」とか「世界 優しい」とか「楽しい できごと」とかなんですね

 

 

「ある」を前提にいれておけば

 

「ある」世界しかでてこないんです。

 

 

 

 

 

 

発想が逆なんです。

 

 

 たとえばね

 

グーグルで検索するときに

 

「病気 治す」

 

とかで検索すると「1週間で治す方法!」とか「○○病院」とかでてきますけど

 

あれやってるときって

グーグルの検索結果も、じぶんの中も「病気」で頭いっぱいじゃないですか。

 

 

 

病気を治したいってことは

病気が治った後の世界にいきたい

 

ということですよね。

 

 

それだったら、

 

「治った」状況に

先にいくんですね。

 

「治った」状況ってどんなかというと

 

もうその病気のこと

あんま考えないですよね、たぶん。

 

 

 

いま検索結果に、

「病気の治しかた」

がずらーっと並んでる世界は

 

病気が治ってない世界、なんです。

 

 

それだと

 

願っていることと

やってることと

 

矛盾してることになっちゃうのよ。

 

 

※考え方の例です。病気が100%治るよって意味じゃありません。

 

 

f:id:takecchi67:20170317165817j:image

 

 

 

受験勉強でも

 

毎年かならず成功させる塾

みたいのありますよね。

 

あそこって、

受かる前提でやってるんです。

 

 

受かるのが当たり前だから

 

「もし受かったら」

「受かった場合」

「受かるには」

 

という前提ですべてをやる。

 

結果、受かりやすい。

 

 

 

これ、

 

なんにでもいえるのです。

 

先に、そうなっちゃう。

 

 

 

いまそうなれてなくても

 

気分だけでも、

環境だけでも、

人脈だけでも、

 

なんでもいいから

 

先取りしちゃう。

 

季節の先取りコーデしちゃう。

 

 

と、現実もあとからついてくる。

 

 

 

 

 

 

いま願っている目的に

 

「なった」

 

じぶんはどんなじぶんなのか。

 

 

 

そこから

 

逆算して動いてみてほしいんですね( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

豊かなわたしは

 

朝は何時頃におきて

どんなものを食べて

なにをして過ごして

しごとはどんなもので

友達はどんな人が多くて

恋人はいるのかいないのか、結婚しているのか

趣味はどんなもので

なにをかんがえていて

夜は何時頃にねるのか

 

イメージを膨らませてみてくださいね♪

  

 

 

 

  

 

「~のつもりで、ていで、動く( ´ ▽ ` )♪」

 

 

 

 

 

たけっ家公式LINE@

http://line.me/ti/p/@zee6848n

 

100人超える前提で

もう目前なんですな♪♪

 

ぜひ、100人目に♪♪

 

広告を非表示にする